わたしとC型肝炎のおはなし C the Light 患者さんの体験から生まれた短編アニメーション

悩んでいたときに出会った治療、病気を乗り越えた先に見える光。
何げない日常のなかで動く患者さんの心。

C型肝炎に悩み、解放された、患者さんの気持ちを感じて、知ってもらう。
このコンテンツは、患者さんの体験をもとに創られた短編アニメーションです。
治療に迷っているC型肝炎患者さん、肝炎の検査を受けてない方は、ぜひ、ご覧ください。

※本ストーリーは実話に基づいたフィクションです。

「アリガトウ」編

お礼の手紙を受け取った医師。
送り主の患者さんとの想い出を
回想していくと…

「フルスイング」編

仕事、スポーツ、何でも挑戦していた。
しかしC型肝炎と診断されてからは、何事にも消極的になった。
その患者さんに再び…

「あとまわし」編

自分がC型肝炎であることを
改めて感じさせられる健康診断。
胃カメラの順番は、いつもあとまわしにされ…

「気がかりな宿題」編

宿題が、いつも気がかりだった夏休み。
そんな学生時代に感じた気分が今も…

「ばあば、元気になったよ」編

孫の世話をすることになった患者さん。
孫といっしょに過ごすとき、感染しないとわかっているが、
「万が一ということも…」といつも密かに悩んでいたが…